人材を求める上で大事な事

 

人材 求める

今回は就職難と言われている時代。採用する上で、2点、大事な事をお話します。

採用したいターゲットを具体的にする。

人材を思うように、採用出来ないとき、集めようと必死になり、ターゲットを、広げてしまいがちです。これでは、本当に必要な人材も増えません。

そこで、スキル(技術・経験)、スタンス(意欲・姿勢)を、より具体的な、言葉にして、求人を出しましょう。そうすれば、結果的に、スキルとスタンスどちらも、求める水準の、人材が採用出来る確率が増えます。

例えば…

スキル(技術・経験)

  • Excel基本操作ができる方歓迎←抽象的
  • 営業経験がある方←抽象的

下記のように、実例や数値で書き込むと、イメージしやすくなります。

  • Excel(四則演算・関数)基本的操作ができる方歓迎。
  • 営業経験3年以上の方。

スタンス(意欲・姿勢)

  • 若いうちに出世したい人歓迎。←抽象的
  • チャレンジ精神が旺盛な方。常に向上心を持っている方。←抽象的

具体的に書くと…

  • 若いうちに出世したい人歓迎!(当社では20代が活躍中の職場です!)
  • チャレンジ精神が旺盛な方。常に向上心を持っている方。(入社2年目で課長職です!)

応募者にはより多くの情報を提供しよう

応募者は、数ある求人の中から、会社を選びます。その中でも会社の情報を、より多く提供していれば、選ばれる、確率は高くなると思います。そのため、応募者の、必要性をより明確に、書きましょう。そうする事で、応募者も選びやすくなる思います。

例えば… 販売職募集 月収18万円~ サービス業経験者歓迎 業種は問いません。

まとめ

良い人材を確保するには、まず自社にとって必要な事を、把握した上で、求人原稿を打ち出し、有効応募者を確保する方法が効果的です。

採用全般でお困りのことがあれば、エヌリンクスにお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

スポンサーリンク
  • 0