優秀なライターを採用する方法

ライター

自社に書き手がいない場合は、記事を更新していくのは大変な作業です。

そんなときは、ライターにを採用するのも一つの手となります。ただ、ライターを採用したことが無い場合、求めていた人材と、相違がある場合は困ってしまうものです。

そこで、具体的にどのような点に注意すればよいか、優秀なライターの探し方をお伝えします。

優秀なライターを採用する2つのポイント

(1)実力を確認する

  1. 過去の記事などを見て、本人のクオリティーを確認する
  2. どのような分野で、話が書けるのか過去の経歴を把握する
  3. ライターの企画力を知るため、一度記事を書いてもらう
  4. 未経験の場合は、テストで記事をかいてもらう

この上記4点のライターのスキルを確認することで、自社が求めている、人物像とずれる可能性が低くなります。

(2)ライターの持っているスキルを見抜く方法

  • 一目見て魅力的なタイトルになっているか
  • 読み手が簡単で、わかりやすい内容になっているか
  • 一定のリズム感をもたせた文章になっているか

このような、3点に着目して記事を読むことで、そのライターが、どの程度の人材なのか把握することができます。

求人広告で採用するための5W3H

ライター募集は、近年需要が高まっているため、きっちりと、求めるスペックを表記することが大切です。

『ライター』と一口にいっても、やることや、書くことが会社によって異なるため、求職者がイメージしやすい内容を、表記しましょう。

基本的には、5W3Hを意識するべきです。

例えば,,,

WHO:7パターンのライター職種

ライターの職種は、複数ありますので、ここを明確にしましょう。

  1. コピーライター
  2. 雑誌ライター
  3. 無署名のブックライター
  4. 翻訳者
  5. テクニカルライター
  6. 総合週刊誌の専属ライター
  7. ウェブライター

この中から、会社側が求める人材を明確にすることが重要で、ライター側も、書きたい記事の内容などがあるので、明確化することで、採用効率を上げることができます。

WHAT:何をライティング

リライト中心の記事になるのか、はたまたゼロベースでの記事作成になるのか。

ニュース系記事なのか、何かのカテゴリに特化した記事なのか、そもそも何のライティング作業になるのかを、明記しましょう。

HOW MANY:どのくらい書くのか

お願いしたい一日の作業量や、1記事あたりの文字数などを、具体的に明記しましょう。

ここを明らかにしないと、求職者は仕事内容のイメージがもてず、応募することをためらってしまいます。

 

改めてですが、求人広告には、5W3Hの要素がとても重要です。

5W3H

What 何を 【 仕事内容 など】
Why なぜ 【 募集背景など 】
Who 誰 【ターゲット など 】
When 時間【勤務時間など】
Where どこで 【勤務場所など】
How どのように 【会社全体の取組みなど】
How many どのくらい 【規模、仕事内容の定量的数字】
How much いくら 【給料 】

この5W3Hを意識することで、さらに採用効率を高めることが、可能です。

採用全般でお困りのことがあれば、エヌリンクスにお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

スポンサーリンク
  • 0