若手の採用を成功させる3つポイント

若手採用

若手の採用

求職者が知りたい情報を把握し、しっかりと訴求するだけで、ターゲットを絞った採用ができます。

今回は「若手」をターゲットにしていますが、今から紹介するノウハウを使えば、様々なターゲット層の採用に役立ちます。

その為の3つのポイントを紹介します。

1、仕事に興味や安心感をもてる内容にする

仕事内容をしっかりと明記する事はもちろんですが、下記のような内容があるとさらに良いです!

1日の仕事の流れがわかる

例えば…
【1日のスケジュール:平日】
●09: 30 出社
●10: 00 事務作業
(前日の活動の報告書を作成し、提出)
●12:00 ランチタイム
(チーム5名でランチを取りながら、情報を交換)
●13:00 出発
(公共交通機関で移動)
●13:30 活動開始
(リストをもとに、訪問)
●17:30 帰社・退社
(仲間と飲みに行くことも多くあります)

内容自体は、ザックリとしていますが、1日の仕事の流れがわかるだけで、未経験でも安心できます。

・教育制度

「2週間の研修期間を用意、未経験からスキルアップ!」等…研修制度がしっかりとある事をアピールします。

・現場の声を載せる

「先輩社員(新入社員)の入社後のイメージ」「社員インタビュー」「取材後記」こういった内容で、若手が興味をもてる仕事のイメージを、しっかりと訴求できると良いです!

例えば…大阪支店は私を含め3名でスタートしました。売上は順調に伸び、メンバーも50数名まで増えました。今後も積極的に拠点を開設していく予定なので、ポストチャンスも増す一方です。

新たな環境に身を置き、人生を変えたい人はぜひエントリーしてほしいと思います。私自身は、将来的に当社が手がけていないBtoBの領域で、新たな事業を起こしたいという大きな夢を持っています。

若手の将来性や、仕事に対する安心感を与えるだけで、印象は変わります!

2、ありがちな内容にせず、会社の個性を表現

例えば…

  • 【怒られない!】褒めて伸ばす社風でのびのび働ける!
  • 「褒めて伸ばす」社風。未経験でも安心!定着率86%
  • 【未経験者歓迎!】さまざまな前職のメンバーが活躍!

仕事内容や、社風を若者向けに記載する事で、応募者も20代が集まりやすくなります。

3、履歴書で判断せず、できるだけ多くの方と面接

選考基準が高いと入社までの難易度が、高すぎるイメージを与えてしまい、結果的に未経験者の若者の層を逃してしまいます。

例えば、下記のような文言があると良いです。

  • 今回の募集は書類選考一切ナシ!必ず全員の方と面接でお会いします
  • ​当​社​へ​の​入​社​を​希​望​さ​れ​る​方​は​、​全​員​お​会​い​し​て​面​接​を​さ​せ​て​頂き​ま​す​。​
  • 当​社​の​選​考​は​人​物​重​視​。​履​歴​書​等​の​書​類​の​み​で​の​選​考​は​し​て​お​り​ま​せ​ん​。​

以上です。若手の採用はまず、母数を担保することが重要です。

いかがでしょうか。若手採用はなかなか上手くいかないと、お悩みの人事の方は、上記の文言をとり入れてみましょう。

また、採用にお困りでしたら是非、気軽にお問合せください!

採用全般でお困りのことがあれば、エヌリンクスにお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

スポンサーリンク
  • 0