伝わる求人広告とは

伝わる

 

伝わる求人広告の基本は、『ターゲットの選定⇒絞り込み』を徹底することです。ここを真剣に考えずに、求人広告の効果を高めることはできません。

ターゲットの選定

A.求める人物像を具体化

応募してほしい人物像を言語化します。

例)元気な人と言われたら、、、
・明るい挨拶が出来る人?
・ポジティブな思考ができる人?
・健康な人?
・雰囲気を盛り立てれる人?
・コミュニケーション能力が高い人?

例)経験者が欲しいと言われたら、、、
・どれくらい経験が必要なの?
・未経験者だと何がダメなの?
・たとえば、どういう企業で働いてた人?
・経験があれば大丈夫なの?

こういったことを、出来る限り細かく分解し、出会いたいその人を明確にします。

B.求める人物像をさらに明確化

具体化したあとは、

  1. どこにいる、どんなひと?
  2. 何に不満・不安を持っている?
  3. 何を軸に仕事を探している?

以上3点に仮説を立てます。ここまでくれば、原稿に落とし込むべき内容も明確になってきます。

C.その人に、訴求できる内容は?

では、そんなターゲットに対して、「自社の何をもって訴求できるのか」。つまり差別化のポイントを考えます。これは、実際に掲載する求人広告の他社との差を考える事で、考えやすくなるため、代理店に直近の掲載傾向を聞くと具体的な情報が得られます。

もし、訴求店が思い浮かばなければ安定、お金、スキル、環境、時間、仲間、社会貢献などの角度で、考えてみてください。

良い求人広告とは

『ターゲット設計』『導線設計』『広告表現』が練り込まれたものを、良い求人広告と呼びます。

その基礎となる『ターゲット設計』は、絶対に疎かにしないよう、心がけましょう。

採用全般でお困りのことがあれば、エヌリンクスにお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

スポンサーリンク
  • 0