東京都でキャバクラ嬢の採用を成功させるには

東京都キャバクラ嬢

キャバクラ嬢の採用を成功させるためには、
まずは需要がある媒体に広告を載せなければいけません。

5大アルバイトサイトでの比較を行って、
より効果が期待できる媒体、掲載を考えていきます。

掲載可能な媒体

そもそもが掲載がNGという媒体があります。

どの媒体にも言える事ですが、募集記事には必ず審査が入ります。
この段階で、各媒体の基準を満たせなければ、応募をかけられません。

掲載可否と掲載数の比較

媒体 掲載可否 掲載数
マイナビバイト × 0件
バイトル 約150件
ジョブセンス 約10件
an 約200件
フロムエー 約130件

※2014年6月調査

マイナビバイトは完全にNGです。
理由としては、トラブルの原因になりやすいという点です。

ジョブセンスについては、フリーワードで「キャバクラ」と入力したもので、
抽出された掲載が約10件あったため「△」としています。
ホールスタッフの募集記事となっていたことと、
検索ヒット数の少なさから、需要が集まっているとは考えにくくなります。

残る、バイトル、an、フロムエーについては掲載が多く見つかりました。
つまり、キャバクラ嬢の募集をする際に選べる媒体は、この3社になります。

平均時給

バイトル、an、フロムエーの3社で掲載されている記事から、平均時給を調査しました。

媒体 平均時給
バイトル ¥3,411
an ¥4,800
フロムエー ¥3,384

 

ガールズバー、フロアスタッフの募集記事は除外して計算した結果、
anの単価が高い結果となりました。
理由としては、都市部の掲載が圧倒的に多いため、
必然的に、インセンティブが高くなるのでしょう。

各媒体の特徴

バイトル

・記事の中に「キャバクラ(キャバ)」という明確な表記がある
・23区内、23区外の比率が3:1で掲載がある

an

・時給単価が高い広告が多い
・23区内の掲載が圧倒的に多い
・フロアレディという表記が一般的

フロムエー

・募集の年齢層が高い(30代を含む掲載は一番多い)
・23区内、23区外の比率が2:1で掲載がある
・キャバクラよりもガールズバーの掲載が多い

まとめ

検証した結果、キャバクラ嬢をターゲットに募集を行う時は、
バイトルが一番効果的だと考えられます。

理由①

キャバクラ(キャバ)という明確な文言が入ること。
これは訴求力としては一番です。
ターゲットの認識もブレがないので、ミスマッチを防ぐことができます。
また、ネット普及の時代なので、答えが早く見つかる方が効果的です。
キャバクラなのか、フロアスタッフなのか、ガールズバーなのか…
という疑問を起こさせないのは強みになります。

理由②

掲載数、平均時給では2位でしたが、東京全域の掲載のバランスが良いです。
キャバクラは、複数店舗の経営する経営者様もいるので、
地域に大きな偏りがなく掲載ができるのは強みです。

ナイト系の求人を掲載しているサイトの紹介

大手媒体以外にも、ナイト系の求人を掲載しているサイトが、
いくつかありますので、紹介します。

■キャバdeお仕事.com

http://www.caba-job.com/

■キャバクラ求人所

http://kyabakura.mobi/

■Night job

http://night-job.jp/

■ガールズバイト

http://girlsbaito.yahoo.co.jp/

ナイト系の求人を、専門的に扱っているサイトになりますが、
知名度が低いため、自ずと需要も低く、
大きな効果が得られにくくなっています。

しっかりと効果を出していくという考えであれば、
やはり大手媒体を活用することが、一番だと考えます。

採用全般でお困りのことがあれば、エヌリンクスにお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

スポンサーリンク
  • 0