なぜ転職するのか【転職理由ランキング】

今でしょ

転職理由で注目すべき点は、大きく分けて二つあります。それは、「会社への不満」と「キャリアアップ」です。その2つの転職理由の解説と、転職理由をランキングで紹介します。

転職理由ランキング一覧

転職

全体を見ると、スキルアップやキャリアアップ、やりたい仕事などを求めるのための転職理由が、上位を占めています。求人数の増加に伴い、転職希望者の選択肢が広がったことで、転職理由の多様化が進んだためです。

また、会社の都合や将来性への不安感が減少したことで、待遇や条件に対する希望が顕在化し、現状よりもっと良い会社で働きたいなど、新たに転職に踏み切る人たちが、増加したと考えられます。

キャリアアップ

ランキングを見たとおり、転職する人にとって一番多い転職理由が、「キャリアアップ」です。従って、求人を出す際は、『キャリアアップ』に触れることが、最も多くの応募母数を獲得できる手段になります。

キャリアアップを明確に示す

ただ給料を上げただけでは、キャリアアップというには相応しくなく、お金のためだけに、転職をしたという印象を、与えてしまいがちです。

しかし、大企業の熟練スタッフが、転職を機に小規模の会社に移り、マネジャーとして部下を持つことがあります。そこで、ある特定の業務に熟練している経験を生かし、社員の育成に取り組んだりして、会社への貢献を果たす、これがキャリアアップです。

具体的にどのようなキャリアを歩めるのか、その例があるのかなど、キャリアビジョンを描きやすい原稿表記をすることで、採用を成功させる確率を上昇させることができます。

入社後、会社に不満を感じたから即転職

このような思考を持つ人に対して、採用の責任者は特に警戒しておきたいものです。面接である程度、面接官と応募者の考えに相違がないよう、見極め、ここでも今後のキャリアを示す必要があります。

入社後の以下月以内離職が目立つようであれば、再三申し上げた通り【キャリア】について、会社から個人にお話をする機会をつくる必要があります。

採用全般でお困りのことがあれば、エヌリンクスにお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

スポンサーリンク
  • 0