ソーシャルワーカー(社会福祉士)を効果的に採用する方法

新聞

職業分類での視点では、介護従事者のことを「社会福祉専門職」と呼びます。社会福祉士は、今後の日本における重要な産業の位置になります。現時点での、人手不足をすぐにでも解消したいものです。

本当に人手不足!?

実は、社会福祉業界の人手不足は意味少し違います。社会福祉業界の人手不足の原因は、定着率非常に低いため、人手不足を、解消できてないままとなっています。

社会福祉士の定着率が悪い原因

原因としては、下記の4つがあげられます。

1.男性職員が結婚の際、給料が低いため退職
2.給与と業務内容の比率が合わないため退職
3.職場の雰囲気が悪いため退職(女性社員が多いため)
4.上記などの精神的負担から、嫌になり退職

高齢者福祉、児童福祉の中でも【福祉】という言葉があります。この中でも一番の原因は、福祉という言葉から、「人のためになる」という良い想いを抱き、実際に勤めてみると、当初抱いていた想いとは、反するものがあり、
精神的負担から、退職してしまう人が大多数となっています。

社会福祉士の現状

現状人員に関しては、年中人手不足となります。福祉業界の定着率は、全職種の中でも最低レベルとなっています。そして、人員を補給するため、募集する。なにが言いたいかというと、人の入れ替わりが非常に大きいです。

社会福祉士の求人動向について

社会福祉士の求人動向ですが、介護分野に関しては、今後も人手不足となります。しかし、生活相談員や児童福祉はかなりの「狭き門」です。なぜなら、あまり需要がない、今後も需要が増えることは考えにくいためです。

11月から1月にかけての採用は難しく、逆に3月から5月は比較的採用しやすいといえるでしょう。そのため、採用価格を投入する際は注意が必要となります。

正直、社会福祉士の人手不足の現状は求人をだしても、離職率が高ければ、入れてもほぼ意味がないので、離職率が、高いのであれば、定着率に目を向けて、離職率を、下げるフローが大事になります。

離職率を下げよう!

離職率がもっとも高いのは、10代、20代です。つまり、若い世代の社員の離職率を下げることが、その会社の定着率を上げる鍵になります。

離職率の低い会社は、会社と社員の信頼関係がしっかりと構築できています。具体的に沢山ありますが、どのようなに信頼関係を築いているのでしょうか。

採用面接で自社のすべてを話す

退職した社員から、「想像していたものと仕事が違う」「自分がやりたいことができない」などと聞くことがあります。他の業界でも、外から見るのと、中に入って実際に仕事をしてみるのとでは、少なからず違いがあるものです。この違いを最初の段階で埋めることが、採用の間違いを避けることにつながります。

採用全般でお困りのことがあれば、エヌリンクスにお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

スポンサーリンク
  • 0