新人の早期離職3つの理由とその対策

早期離職

各企業のお悩みのひとつとして、新人の早期離職があげられると思います。「せっかく高いお金を払って雇ったのに!」と思う方が、少しでも減少すればと、書かせて頂きました。

原因は企業側に

あるコンサルティングの方の見方では、新人が「辞める職場」「辞めない職場」は、明確だそうです。

企業側からすれば、「根性ない」「こんなんで辞めるな」、というお気持ちもおありかとは思いますが、『最近の若者は…』とは、いつの時代も言われています。

では具体的な原因は…?

主な原因を3つあげさせて頂きました。

①人間関係

「上司がイヤ」「同僚とうまく馴染めない」など、社内の人間関係に、悩みを抱える方はやはり多いようです。

②理想と現実の違い

入社前に抱いていた会社のイメージと大きく違い、失望してしまう。

③キツイ

あまりに多忙、過酷な労働環境に耐え切れないことも離職につながってしまいます。

それぞれの施策

では、それぞれの施策はどのようなものがあるのでしょうか。

①人間関係について

「上司がイヤ、尊敬できない。」については、主に「自分の失敗の棚上げ」、「サボる」「部下を褒めない」「感情的に叱る」などがあります。そう言われる上司にフィードバックを随時行い、改善を促しましょう。

「同僚とうまく馴染めない」については、あまり意識し過ぎず軽い挨拶を、当たり前のように、続けていくことが大事だといわれています。

②理想と現実の違い

「やりたい事ができない」「入社前のイメージと違う」など。これは、部署配属や面接時に、入念にイメージを伝える以外にありません。

そして、何より定期的な面談を行い、彼らが声を荒げ離職する前に不満に耳を傾けるだけでも、離職率は変わっていきます。

③キツイについて

どうしようもありません、仕事はキツイもの。

まとめ

新人が辞める理由をひとつずつ潰していくことが、ながく働いてもらえる事に、繋がります。

採用全般でお困りのことがあれば、エヌリンクスにお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

スポンサーリンク
  • 0