【人事担当者必見】開封率が高くなるスカウトメールの書き方

スカウト開封採用活動を行うにあたり、「求める人材から応募がこない」「スカウトメールを送っても反響が悪い」など、悩まれた方は多いのではないでしょうか。反響が高くなる、スカウトメールを作成するために、3つのコツに気をつけることで、悩みを解決することができます。そこで今回は、誰もが応募したくなるような、スカウトメールの文章作成の仕方を紹介します。

①タイトルは28文字にこだわる

優秀な経歴がある求職者には、他の人材と比較すると、様々な企業から数多くのスカウトメールを受けとっている可能性が非常に高いです。そのため、スカウトメールのタイトルが目を引くものでなければ、開封されずに飛ばされてしまう事が多くなってしまします。「タイトル」は、文章を読んでもらうための第一歩になりますので、魅力的な内容にしましょう。
具体的には下記のとおりです。

  • 他者と違うタイトルにする
  • 数字を用いる
  • 内容を具体的にする

【悪い例】

「あなたの経歴を拝見しスカウトをお送りいたします」

ありがちなタイトルで、インパクトに欠けてしまい、開封率が低くなる可能性が高いです。

【良い例】

「◇◆限定スカウト◆◇あなたの●●職●年の経験を当社では活かせます!」

前職や、過去の経験年数をタイトルにいれることで、求職者の経歴を見ていることが明らかになり、面接したいという思いが伝わりやすくなります。上記のように、求職者の経歴をみることで、他社との差別化を図ることができます。

②冒頭の文章を簡潔にまとめる

スカウト配信者の自己紹介、要件をまず簡潔にまとめましょう。冒頭部分で、詳しく知らない企業の強みなどを主張されても、求職者にとっては、必要な情報と感じていない方も中にはいるので、長く文章を作るのは避けましょう。

【悪い例】

はじめまして。
株式会社●●の採用担当●●と申します。

あなたのこれまでの経験は、当社で活躍できると思いご連絡させて頂きました。
当社の特徴は、風通しの良い雰因気で、アットフォームな環境なので、入社時も不安にさせることはありません。
自分の意見をやり方次第で、幅が広がるのでやりがいたっぷりのお仕事です。

※具体的な数字がなく、自社についてのアピールのみになっているので、イメージがしにくいです。

【良い例】

はじめまして!
株式会社●●の営業部長、●●と申します。

媒体に登録されているあなたの●●の経験をみて、当社の営業マネージャーとしてすぐに第一線で活躍できる、大きな可能性があると思いこの度ご連絡をさせて頂きました。従って、自立心高く、自ら主体的に考え行動できるあなたに、これまでの●●のご経験を生かして、是非●●のプロジェクトでご活躍頂きたいと思っております。当社のことを、ご判断いただく材料として、少しだけ弊社のご紹介をさせて頂きます・・・

※上記のように、「自己紹介、採用ポジション、要件」を簡潔にアピールしましょう。また、これまでの経歴をどのように生かせるのかをアピールすることが重要です。プロジェクトの案件など具体的に記載することで、最後まで読んでもらう確率があがります。

③将来像をイメージさせる

求職者にとっても、転職後のキャリア形成は気になるものです。将来のビジョンを明確に伝えることで、特別感をより向上させることも重要です。

【悪い例】

事業の拡大を続けている当社で、あなたには、さらなる拠点拡大に向けて将来のコアメンバーとしてご活躍していただきたいと思います。私たちの会社を大きくしていくために、是非、あなたのお力を貸していただけませんか?

【良い例】

入社時は、リーダーからスタートしていただき、ゆくゆくは支店長をお任せしたいと考えております。年々拡大し続けている当社では、多くのポストが生まれています。事実入社1年で副支店長になったメンバーもいます。あなたの成績・仕事に対する姿勢によっては、半年から1年で「支店長」をお任せする可能性もあると感じております。

まとめ

上記のように、キャリア形成を具体化することで、特別感を主張することができます。スカウトメールの文章を作成するにあたり、シンプルかつ明確に求職者に伝えることで、最後まで読んでもらいやすくなります。

採用全般でお困りのことがあれば、エヌリンクスにお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

スポンサーリンク
  • 0