スカウトメールの上手な使い方、誰でも簡単に返信率を上げる8つの必須事項

上手に使う人

過去に説明したことがあるように、

求人広告におけるスカウトメールは、DMと比べ、

一人ひとりを対象として、別々の文面を送ることが可能であるため、

返信率が、とても高いです。

DMの返信率が0.3%~1%なのに比べ、

スカウトメールの返信率は3%以上になります。

 

さらに、いまから記載するスカウトメールの基本を守れば、

返信率を4%~5%にすることも難しくないです。

求人広告を扱うプロの企業でも、これができていないことは多いため、

企業の人事様、採用担当様はしっかり覚えておくようにしてください。

 

スカウトメールの返信率を上げる!8つの必須事項

 

0 タイトルに命を吹き込む

 

スカウトメールのタイトルは、求人原稿の大タイトル同様に重要です。

スカウトメールやDMや、応募者にむけて一斉に送られる。

応募者側からすれば、全て開封するような時間も余裕もないため、

ここは、とても集中してライティングすることをお勧めします。

方法は大きく2つ。

【1】同業他社との圧倒的な差別化を書く

例:●●で有名な■■を抑えて、業界でトップレベル!あなたにも・・・

例:給与が▲▲万円!!未経験でもこの給与額の秘密をあなただけに・・・

【2】インパクトを重視する

例:本当に成功したい方だけ開封してください。空けてびっくり!

例:コツコツ頑張ると年収1000万。その秘密が気になる方のみ、お会いしたいです。

 

上記がセオリーだが、開封してもらえる自信があるコピーライトであれば、

何でも問題ないです。とにかくテンプレートに似たようなタイトルにすることなく、

他のメールと同様に埋もれないようにしてください。

あえて、『タイトルに命を吹き込む』のナンバリングを0にしたのは、

これが当たり前の大前提であり、これをきちんとしないと

スカウトメールが機能しないからです。

 

1 何故、【アナタ】なのか

 

なぜ、あなたという人に、メールを送ったのか。

あなたでなければいけない理由は何のか。

 

特別扱いや、自尊心をくすぐるような内容、

もしくは、その人だからこそ、送った側の企業で活躍できる理由を

きちんと明記することが重要です。

これを冒頭近くに記載しないと、それ以上読み進めてもらうことができません。

 

2 何の職種?

 

その人がきちんと希望している職種なのか、

スカウトメールを送った側なら、わかっているはずだ。

自分が希望している職種、業界からのオファーだとわかれば、

興味を持ってもらえます。

 

3 こんな会社です

 

あなたの会社が、他の会社と比べてどう違うのか、

どのような成長性を秘めているのか、

そして、どのような仲間と仕事をすることになるのかを記載しよう。

ここで、応募者とのミスマッチングを防ぐことができます。

 

4 業界のさわり

 

あまり深ぼることはしなくてよいですが、

簡単に、業界の説明と、それにあわせた成長戦略を説明しましょう。

他業界からの転職希望の方には、必要な文章です。

 

5 他社との差別化

 

ここまで読み進めてもらえたのであれば、

あとは、潜在会員の背中を押してあげることが重要です。

他社より、どんなことが素敵で、どんな良いことがあるのか。

大切なのは、

「会いたい」「面接されたい」と気持ちを持ってもらえるような

販売促進的な文章を書くことです。

 

6 クロージング

 

最後に、これも重要な要素、クロージングです。

相手の返信をもらえるような文章で締めくくりましょう。

例:ここまで御読み頂き、ありがとうございます。

絶対に後悔はさせません。

かならずご返信を頂き、お会いできることと思っております。

 

7 署名

 

これも基本ですね。

簡単でも結構ですが、スカウトメールにおける署名は、

会社の『顔』に値します。

手をぬかず、きちんと記載することを心がけてください。

 

採用全般でお困りのことがあれば、エヌリンクスにお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

スポンサーリンク
  • 0