スカウトメールとDMの違い

スカウトメール

 

求人媒体によって、スカウトメールと、

DMという2種類の求職者へのアプローチ方法があります。

その2つの違いを理解しておきましょう。

 

スカウトメールとDMの違いについて

『スカウトメール』

 

応募企業が、求人媒体に登録している求職者のレジュメ(職務経歴書)を見て、

求職者一人ひとりに対して、個別のオファーを送ることです。

しかも一人ひとりに応じた文章を送ることができ、

きちんとした文面を書けば、求職者がリアクションしてくれる確立が高まります。

 

つまりダイレクトにほしい人材に、

アプローチすることができる攻めの採用活動が可能です。

 

スカウトメールからの返信率は、業界によりますが、1~2%と言われています。

手間はかかりますが、使わないのは損です!

 

また、運用方法は、媒体や企業によって異なりますが、

例えばマイナビ転職では、一人一人のレジュメを確認し、

ピンポイントで、欲しい人材にスカウトメールを送ることができます。

 

スカウトメールが打てる求人媒体

 

マイナビ転職  @type

 

また、スカウトメールは、企業が欲しいと思う人に対して、

メールを打つことが可能…ということは、

会員の情報をご覧になることができるんです。

これって、とてもすごい事だと思いませんか。

欲しい!と思う人材には、特別に想いをこめた連絡がとれ

 

DM

 

ばらまき広告といわれるものです。

会員登録している応募者に対して、簡単なセグメント条件をかけ、

いっせいにメールを送信する方法です。

返信率は、当然スカウトメールより低いです。

 

 

採用全般でお困りのことがあれば、エヌリンクスにお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

スポンサーリンク
  • 0