人事の本【採用力を引き上げる!!】

 

採用力を鍛える

今回は、採用や面接に特化した本をご紹介します。

採用力を上げるおすすめ本

採用基準/伊賀 泰代

「優秀な人物とは、どんな人物なのか」
「それを見抜くためには、何が必要なのか」

その定義を、わかりやすく説明してくれている名著。

著者の伊賀泰代さんは、インターネット上で、大人気のちきりんさん。

リーダーシップをもつ人物についての理解が、
定性的にも定量的にも理解できます。

即戦力は3年もたない ―組織を強くする採用と人事/樋口 弘和

世の中で、『即戦力』と呼ばれている人材についての危険度を、
実際の企業成績をもとに、論理的に解釈がなされています。

この本は、人材戦略~採用~面接を考えるうえで、最もおすすめできる本でして、
2014年現在の人材市場のことが、事細かに書かれ、
その中で、採用で勝ち抜いていくための方法が、
具体的に書かれています。

なかでも面接を行う上での『確固たる戦略』は、秀逸な内容で、
採用のコストパフォーマンスと、
『見抜き力』『欲しいと思う人材を口説く』ことを考えれば、
会社のトップクラスの営業を、面接官にすべきだと、著者は語っています。

これに関しては、全くの同意で、弊社も最前線においておきたい人材を、
(直接の利益を落としてでも)常に面接官として、活用しています。

採用は、競争の激しいビジネスです。
本気の姿勢を実現するのは、本気の組織体制が重要です。

中小企業の採用担当へ!新卒獲得ノウハウ業務74/綿貫 哲也

1人採るごとに会社が伸びる! 中途採用の新ルール/牛久保潔

この2冊にいては、先日もお勧めさせて頂きましたが、
採用活動を、この2冊で体系的に学ぶことが可能です。

多くの中小企業は、だれにも採用について教えてもらえず、
採用担当者となった方は、かなりの苦労を強いられます。

苦労する前に(どちらにしろ苦労するのですが)、採用活動の流れを把握しておけば、
多くの無駄な徒労を踏まずに、最短距離で、正解までたどり着けるようになるため、
この2冊は、最低限読んでおいて頂きたいです。

採用全般でお困りのことがあれば、エヌリンクスにお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

スポンサーリンク
  • 0