採用ページの創り方

赤ずきんちゃんがターゲット

先日も採用ページの必要性について、お伝えしましたが、
今回はもっと具体的に採用ページついて考えてみましょう。

採用ページで大切な3つのポイント

(1)会社の個性を出す

(2)ターゲットを明確にする

(3)会社の今後について改めて、考える

 

(1)会社の個性を出す

営業

せっかく採用ページをつくるのですから、
求人サイトとは違った個性豊かな採用ページを製作すべきです。

あなたの会社がどんな会社なのか、
どういう目的で採用をおこなっているのか、
誰が見ても、「この会社は●●●●な雰囲気なんだな」と、
一言で言えるような採用ページをつくることが第一歩です。

採用ページは、大手企業であれば、
必ずといっていいほど、専用で立ち上げられているため、
大手ブランドや、福利厚生に打ち勝つためには、

「この会社面白そう」

「気になるから、また見てみよう!」

と思ってもらえるインパクトのある採用ページを心がけてください。

(2)ターゲットを明確にする

あなたの会社、部署、管理職が、
必要とおもっているターゲットを思い浮かべ、
それをベースに製作を行ってください。

もし、ターゲットを想定せずに創り始めると、
結局だれも応募してこない、採用ページが出来上がってしまいます。

だれか1人、細かい設定を行ったペルソナを想定し、
その人に向けたメッセージを、明確に打ち放つことが重要です。

GREEの皆様!弊社のアプリを開発しませんか?

 

どうでしょう、この採用ページは?

モロに■■■■さんから、社員を必要としている、と考えてるとわかります。

話題のソーシャルゲーム業界出身者など、エンジニアさんを大募集! - チケットストリート株式会社の求人 - Wantedly

こちらも非常にダイレクト!!

 

また、直近で、ソーシャルゲーム(交流ゲーム)大手のグリーさんが、
同社単体の従業員の約1割に相当する、
200人程度の希望退職を募集すると発表したばかりですので、
時期的にもぴったりな募集広告ということになります。

(3)会社の今後について改めて、考える

採用ページをつくるときに、改めて考え直すことになるのが、

  1. 『自社の強み』
  2. 『業界でのポジショニング』
  3. 『今後』

の3つです。

これを明確に打ち出さないと、求職者は魅力を感じてくれず、
応募に至ることは、ないでしょう。

しっかりと3つのポイントを抑えて、
募集記事を書くことが、
採用にも、会社の未来づくりにも有効なので、
しっかりと考え抜きましょう。

このように採用ページをつくるのには、いくつかチェックポイントがあり、
採用ページを最適することを、
RPO(Recruit Page Optimizaton 採用サイト最適化)と言います。

どうせ採用ページを創るのであれば、最適化された採用サイトをつくって
魅力的な会社にみせたいですね!

 

採用全般でお困りのことがあれば、エヌリンクスにお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

スポンサーリンク
  • 0