スカウトメールの反響率が高い媒体3選!

スカウト3選

人材採用において、競合他社が多いなかで、ただただ求人広告を掲載しているだけでは、応募がこない企業などは数多く存在します。優秀な人材を採用したい!応募人数を増やして多くの人と面接したい!と思うのであれば、媒体の運用の仕方が重要です。企業から求職者にアプローチをかけるのが最も近道ですが、手段は数多くあります。そこで今回は、効果が見込める、スカウトメールの使用しやすい媒体をご紹介します。※あくまで企業の相性などもあるので、参考程度にお願いします。

メール機能の種類

基本的に、媒体には3つの種類のメール機能が存在します。
・自動配信メール
・DMメール
・スカウトメール

この中でも、求職者に対して1通1通文面を変えて、配信ができるスカウトメールをどれだけ効果の高い媒体を使用して配信するかが重要です。

マイナビ転職

使いやすさ ★★★★☆
反響率   ★★★☆☆

新卒、中途ともに実績と、信頼が高い転職サイト。詳細な企業情報・職種情報の掲載による、圧倒的な訴求力があります。そして求職者との良質なコミュニケーションを実現した媒体で、スカウトメールでは、一人ひとりのレジュメを細かく確認でき、求職者の情報を事前に確認できる媒体なので、スカウトメールが使いやすいです。細かく確認できるので、スカウトメールも他の媒体と比べて、訴求した文面を作成しやすいです。一度は試してもらいたい媒体です。

@type

使いやすさ ★★★☆☆
反響率   ★★★★☆

@typeは「自分のキャリアを自分でデザインする」エンジニアと営業職に特化した専門情報サイトです。@typeは比較的、安い価格で掲載ができ、メール機能が豊富な媒体です。一番の特徴としては、通常1人の求職者に対して再送信できる回数が限られているところを、@typeでは何度でも配信することが可能な魅力的な媒体です。手間暇かければ、反響もグッとあがるでしょう。

DODA

使いやすさ ★★★☆☆
反響率   ★★★☆☆

インテリジェンスが運営する求人媒体DODA。人材紹介サービスとの連動により、質の高い母集団へのアプローチが可能のため、求めるターゲットが優秀な人材なのであれば、使用したい媒体でもあります。ただし、文面を1通ずつ変えることができないので、通数を多く配信して効果を高める必要性があります。

まとめ

募集をかける職種によって、媒体を選定する必要性はあります。その中でもスカウトメールは、求職者のレジュメを細かく確認して、1通ずつ文面を変えて、配信できることが最大のメリットです。基本的には、工数が非常にかかるので、まとめて配信してしまいがちですが、効果を発揮したいのであれば、手間暇かけることが重要です。

採用全般でお困りのことがあれば、エヌリンクスにお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

スポンサーリンク
  • 0