もっと応募者が集まる求人写真にする方法

もっと応募者が集まる求人写真にする方法

安心感を創り出す「私でも、大丈夫!!」

「私でも、この仕事できそうだな」・・・と、思わせる写真にしましょう。

例えば、
『インテリチックな、いかにも仕事できそうな人がパソコンに打ち込みをしている写真』よりも、
アビバやユーキャンのCMのような、『私でも資格とれました☆』みたいな写真。

嘘でないなら、
『誰でも簡単にできるお仕事です!』と、写真に書き込んでも効果的です。

やっぱり効果的「にぎやか」

賑やかな写真例

「楽しそう!」と、思わせる写真にしましょう。

自慢げに腕を組んでいる写真よりも、
みんなで「イエーイ☆」と、満面の笑みでいる写真。

仕事がキツイというイメージを持たれている職種では特に効果的です。

他社と差別化できるメリットがある会社

差別化できるメリットは、クリエイティブに書き込みましょう。

「初任給○○万円からスタート!」

「完全反響営業!社員平均給与○○○万円!」

「1日5時間でなんと、○○○○円!○○するだけのお仕事!業務終了後に “即” 現金支給!」

具体的な数字は人の目を引きますね。

ターゲット通りの写真にする

ターゲットと同じ性別、同年代の写真を使いましょう。

平均年令が40代の会社でも、20代の人が来てほしいのであれば
20代の人が活躍している写真を使いましょう。

 

 “見ている人が共感できる写真にする”ことが肝心です。

採用全般でお困りのことがあれば、エヌリンクスにお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

スポンサーリンク
  • 0