【求人広告】給与の見せ方

給与の魅せ方をアドバイス

求人広告を載せる際に、とっても大事な「給与」の見せ方についてご紹介します。

まず、貴方が求職者の気持ちになって、以下の例を見て下さい。

————————————————————————————————-

◆月給20万円~40万円以上+歩合
※経験・能力・スキルを十分に考慮し、規定により決定します。

————————————————————————————————-

直感で、いくら位もらえそうですか?

「なんだかんだ書いてあるけど、月20万しか出さないかもしれないな。」

と、感じる方も少なくないのではないでしょうか。

では、もっと期待値が高まるような見せ方をご紹介したいと思います。

 

◆年収例を書く

ありがちですが、イメージしやすいので、

歩合が大きい業種は、絶対に書いた方がいいと思います。

【年収例】
400万円/25歳(経験1年目)/月給30万円
600万円/30歳(経験7年目)/月給43万円
1000万円/35歳(経験12年目)/月給70万円

 

◆新入社員の想定月収(年収)を書く

新入社員と限定することで、

自分が今入社したら、いくらくらいもらえるのかイメージできます。

【新入社員の想定月収】
20万円+歩合10万円(入社1年目の平均)+○○手当2万円=32万円

 

◆経験者を優遇する

『※経験・能力・スキルを十分に考慮し、規定により決定します。』

こういう表記は、よく見られますが、

本当に経験者をしっかり優遇している会社であれば、

定型文のような表記ではなく、経験者に訴求できるような文章に変えましょう。

◆月給20万円~40万円以上+歩合
※20万円は、未経験者の場合です。経験者の方は+α、
更には資格等により優遇します。相談の上、決定しましょう。

 

◆タイトルやPR文で、給与例を書く

タイトルや、PR文では、正式な表記でなくても大丈夫なので

【平均月収○○円!】や、【年収○○○円も可能!】

などで訴求することもできます。

 

◆月収で見せるか、年収で見せるか

月収20万円と聞くと、「初任給ならこんなもんかな」と思っても、

年収240万と聞くと、低く感じてしまう人もいます。

月収84万円と聞くとインパクトありますが、

年収1,000万の方が、インパクトが大きいかもしれません。

金額によって、表記を変えてみましょう。

 

いかがでしたか?

給与の表示の仕方一つで、求職者の企業に対するイメージが変わってきます。

もちろん、嘘や誇張表現はトラブルになりますので、

あくまでも、事実をよりよく見せるように、工夫していきましょう。

採用全般でお困りのことがあれば、エヌリンクスにお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

スポンサーリンク
  • 0