求人を出しても応募者が来ない理由

応募来ない

広告を出して、しばらくしても…応募者が来ない、良い人が来ない、辞退されるなんて事、よくありませんか?

求人広告に不安をお持ちの方は、是非ご覧ください!求人原稿の問題をザックリお伝えします!

求人を出しても、応募者が来ない

■PV数は多いのに、応募が来ない

この場合は、原稿の打ち出しが悪いです。求職者が応募をためらう表現はないか、再度原稿を見直し、文章構成を変えましょう。応募者にデメリットになる文面があるはずです。

■対象者がいるのに、PV数が少ない

・原稿の内容にインパクトがなく見てもらえない
・掲載の企画サイズが小さく、単純に注目されていない

原稿の内容にインパクトがないのなら、魅力的なトップキャッチを使いましょう!

例えば
・事実、数字による信頼性
・すぐに働ける
・役に立つ
・入社後のイメージがもてる
・納得できる

上記の表現を使うことで、言葉にインパクトを与えられます。

■対象者がそもそも少ない

明らかに掲載媒体の選定ミスです。

媒体にはそれぞれ、若者向け・営業向け等特徴があり、貴社と媒体のミスマッチが起きています。媒体を見直しましょう。

良い人が来ない

対象者がいるのに、良い人が来ない理由は、ズバリ、対象者に向けた原稿内容になっていないからです。

ターゲットにとって、本当に魅力的な情報か、求職者がなにを求めて仕事を探しているのか、仕事の喜び、社員の人柄、働き方など、求職者側の立場になって原稿を見直しましょう。

辞退される

これは、応募者の志望度が低いからです。面接する前から既に、貴社の魅力が伝わっいない事が想定されます。

志望度はまず、求人原稿の内容で左右されます。原稿の表現は適切かどうか、見直しましょう。

ターゲットに対して、説得力があり具体的な事実・証拠を突き詰めていくことで、より改善されます。

また、応募が来ない・良い人が来ない方は、企業から応募者に向けた、スカウト等のアプローチ手段や、応募者に露出するオプションの適正選出を行うことで、リカバリーが可能になります。

さらに求人の問題を解決する方法は・・・

私たち、エヌリンクスにお任せください!

最適な媒体精査から、完全無料の採用アウトソーシングなど、他にもメリットとなる情報をお伝えいたします。

採用全般でお困りのことがあれば、エヌリンクスにお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

スポンサーリンク
  • 0