企業ブランディング~4つのベネフィットと共感~

企業ブランディング

この企業で働きたい!

という求職者の声は、その企業の持つ、

「ブランド」に依存していると考えられます。

 

経営戦略に欠かせないものとなった、

企業ブランディングですが、

そもそも「企業ブランド」とは、

何を表すものなのでしょうか。

 

「ブランド」とは、「商標、銘柄」を表す言葉ですが、

「企業ブランド」は企業の商品やサービス、

もしくは企業そのものが持つ、

個性やイメージのことを指します。

 

つまり、「企業ブランド」とは、

企業自体が作り上げるものではなく、

消費者の経験や、感想などによって、

築かれていくものなのです。

 

ブランドの定義

現代におけるブランドの定義は、

経済学者や経営者をはじめ、

さまざまな定義がなされています。

さらに、ブランドの確立についても、

さまざまな手段が書籍などで、

紹介されています。

 

その中でも、

ブランド・アイデンティティの、

概念の提唱者として知られる、

デービッド・A,アーカー博士は、

ブランドの確立について、

4つの分野に分けています。

 

1、機能的ベネフィット

⇒品質・サービスそのもののベネフィット

2、情緒的ベネフィット

⇒ブランドの使用が、顧客に良い感情を与えるベネフィット

3、自己表現的ベネフィット

⇒他人に対して、自分を表現するというベネフィット

4、相対的価値

⇒同価格ならば、明らかに価値が高いというベネフィット

 

アーカー博士は、この4つのうち、

1つをブランドの独自性として確立することが、

強いブランドにつながると説いています。

 

他にも様々な学者が、

ブランドについて定義していますが、

どの定義を見ても、

ブランドが企業によって、

不可欠な要素であると位置づけています。

 

企業ブランディング

上記で、ブランドとは、

消費者の経験や感情に依存するものと伝えました。

 

ですが、企業のブランドを構築する上で、

この企業ブランドを、操作することは可能です。

それは、「経営理念」や「経営方針」です。

この企業の軸となるものが、

企業ブランドの基盤となるのです。

 

ですが、企業ブランディングの成功は、

とても難しいと言われています。

いくら素晴らしい「経営理念」や、「経営方針」の元、

消費者へ提供したとしても、

消費者からの「共感」を得られない限り、

ブランドの確立ができないからです。

 

しかし、この企業ブランドの確立に成功した場合、

冒頭で述べた、「この企業で働きたい!」という、

求職者からの、声=「共感」も得られるのです。

 

企業ブランドは、求人戦略においても、

重要な要因になります。

 

次回は、企業ブランディングの成功例について、

触れてみます。

採用全般でお困りのことがあれば、エヌリンクスにお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

スポンサーリンク
  • 0