応募・面接の管理方法について

管理したい二人

 

今回は求人が来た際の、応募状況や面接状況の、

企業側の管理方法についてご紹介します。

この作業が「採用」において一番大事といっても過言ではありません。

きちんと管理さえすれば、

御社にとって採用において、

プラスになること間違いないでしょう。

 

エクセルを活用し、表で採用状況をまとめる

各媒体を毎回開いて管理画面での確認。

これの繰り返しの毎日は時間の無駄ですし、

取りこぼしもおきかねません。

具体的にどういった項目を設けて作成すればいいのかについては、

下記の項目をご参考いただければと思います。

参考項目

  1. 記入者・・・誰が管理画面で確認をして入力をしたのか
  2. 面接対応者・・・当日面接をした人の名前
  3. 更新日・・・更新した日程
  4. 段階・・・基本電話は3回追いましょう
  5. 面接確定・内定後辞退・辞退・保留・連絡が取れない為連絡をやめる
  6. 面接ばっくれ・調整中等。フラグを立てる。※3回終えたらメールをお忘れずに
  7. 応募者氏名・・・応募者氏名 ※検索しやすいようにカタカナなどで統一
  8. 電話番号・・・応募者の電話番号
  9. 面接時間・・・当日の面接時間
  10. 面接日程・・・面接日程※曜日までいれましょう
  11. 当日TEL確認・・・面接日当日に電話したかどうか
  12. ※朝一必ず面接時間について連絡してあげましょう
  13. 住所・・・応募者の住所
  14. 年齢・・・応募者の年齢
  15. 媒体名・・・応募があった媒体名
  16. 応募受付側・・・応募を受付した部署など
  17. 備考・・・備考
  18. 就業状態・・・応募者の就業状態※フリーター・正社員・契約社員・無職等

 

上記計18項目を組み合わせて、企業側で毎日更新を行えば、
スムーズな採用活動が行えるでしょう。

徹底した更新

必ず1日に時間を決めて更新をしていきましょう。

管理画面を開き、応募があったら随時更新。

更新後は必ず電話をいれる。

 

各項目をきちんと都度更新をして、

人事関係全員で共有できるように、

作成に努めましょう。

採用全般でお困りのことがあれば、エヌリンクスにお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

スポンサーリンク
  • 0