飲食店の人手不足を解消する

夕暮れのテーブル

昨今、すき屋の問題や、ワタミのブラック企業問題で、飲食企業に就職や、アルバイトを希望される方が、激減しています。

皆さんが知っている通り、その結果、店舗の撤退を余儀なくされてしまうことや、営業時間の縮小など、人材不足により、業界全体が大きなダメージをうけています。

各企業は、この採用難に、いろいろと施策を巡らせていますが、実は、簡単な方法で、採用に導くことが可能です。

飲食企業で人材採用するたった2つのポイント

1.オリジナル性を出す

そもそも、なぜ採用が難しいかというと、外食産業市場規模が、24兆円という超巨大産業であり、平たく言えば、ほかの市場よりも、競合他社が多く、人材の取り合いが発生していることが、起因です。
競合がいれば、求人広告などに載せる文面は、似たり寄ったりになってしまうため、求職者は、「どこでも変わらない」といった錯覚をもち、アナタの求める環境にやってこないのです。

したがって、採用を行う上で一番のポイントは、近隣競合他社との原稿の差別化です。

差別化のポイント

  • 働く人材の特徴的なコメントを載せる
  • 独自の給与体制や福利厚生を打ち出す
  • 他社でしっかりと打ち出すことのないキャリアステップを明確にする
  • ベストベンチャー100などの第三者機関への選出にむけ、動く
  • 新聞や雑誌などにでる動きをとり、積極的に活かす

このような点を、しっかり求人広告に打ち出すことで、他者ではなく、貴社に興味をもち、応募をしてくれる可能性を高めることができます。

例えば、株式会社エヌリンクスでは、
株式会社エヌリンクス

このように、外部機関から評価されたという事実を、求人広告に積極的に記載し、求職者の注意を引いています。

2.情報社会を逆手に取る

ブラック企業という言葉が独り歩きし、一般の方々は、それをインターネットに書き記しています。

ということは、その逆のポイントを記載すれば、良い求人情報だと(勝手に)判断し、貴社に応募する可能性が高まります。

例えば、【見極めよう!求人フレーズで分かるブラック企業!】というようなサイトがたくさんあり、このフレーズの逆をつくことで、安易に、ブラック企業などとジャッジされずに済むようになります。

 

このようなシンプルな方法を追及することこそが、応募数の引き上げにつながり、それがそのまま採用数のUPにつながります。

採用全般でお困りのことがあれば、エヌリンクスにお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

スポンサーリンク
  • 0