データから読み解く現代求人広告の秘訣

 家族写真

2013年10月29日、オウチーノ総研が、

20 代~50 代の就労者 616 人の

『働く目的・モチベーション』に関するアンケート調査の結果を公表しました。

 

結果、「働く目的」の第 1 位は、全年代において「生活・家族のため」となった。

「仕事が好き、面白いから」「社会、人の役に立ちたいから」と回答する人は、

年代が上がるごとに増加し、

一方、「自由に使えるお金が欲しいから」「貯蓄するため」と回答する人は、

20 代・30 代が 40・50 代を大きく上回る結果となっています。

 

アンケートなので、正直本音は見えないと想定していましたが、

結果を見る限り、精度が高いのではないのかなと、思えてしまいます。

 

美談なしにできるのであれば、

世の中のほとんどの人は、生活のため、家族のため、

ひいてはお金のために働いています。

 

それを前提に、人事様・採用担当様は、

獲得したい年齢、職種別に記事を作成し、募集広告や、

採用サイトを適正につくりあげることが大切です。

 

働く目的

 

お金も大前提にありながらも、

目的は、【家族の生活】や【自由に使えるお金】という言葉があがります。

 

求人広告や採用サイトに、
社員の家族との交流写真は不可欠!?

 

つまり、データから、推察すると、

冒頭に記載した画像にあるような、

年代別の4位~5位の特色を打ち出し、各年齢層へ訴求すると共に、

既存社員の家族との幸せな姿や、

お金の使い先など、求職者に、就職及び転職先の

具体的な未来の姿を想像してもらえるような、記事にすること、

および写真を掲載することが、

これからの求人活動には、不可欠なのかもしれません。

 

女性は、自身の能力が発揮されることを強く望む

 

男女別働く目的

 

また、これとは別のオウチーノ総研のデータでは、

●男性は「成果を出して周りに貢献すること」が、

●女性は「自己成長」や「自分自身の能力が発揮されること」が、

モチベーションとなる傾向にあるそうです。

 

男女ともに「給料がもらえること」を選んだ人が最も多く、

データでは70%を超えています。

 

男性は、

「出世・昇給すること」「会社に貢献すること」

「社会に貢献すること」「仕事で成果が出ること」

「家族の幸せ」は男性の方が割合が高く、

女性は、

「自分の成長を実感すること」「自分のスキル・能力が活かされていること」

「周りに認められること」「プライベート・休日が充実すること」

が仕事のモチベーションアップの理由として挙げられています。

 

男女別に、求職者を訴求したい場合は、

このような客観的なデータを前提に、キャッチコピーなどを工夫することをお勧めいたします。

 

採用全般でお困りのことがあれば、エヌリンクスにお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

スポンサーリンク
  • 0