【上手な写真の撮り方】笑顔の引き出し方3つのコツ

笑顔

求人広告に載せる写真で、社員を撮影する際、みんな緊張して表情が硬く、笑顔がなくなってしまう事ありませんか?

そこで、今回は笑顔を作る3つのコツを紹介します。

笑顔を撮る3つのコツ

1、「はい、笑ってー」はダメ。

よく、ありがちな撮影方法「はい、笑ってー」これだと逆に、緊張させてしまいます。カメラマンが上手いトークで、笑わせることが出来るなら、それでも全然ありですが、実際、誰でもできるかと言うと、なかなか難しいと思います。

そこで皆さんがすぐできる方法を、教えます。

・撮影者が笑う

自然な笑顔を作る一番の方法は、自然に笑うことです。思い出し笑いでも良いので、とにかく声を出して笑いましょう!

・顔の筋肉をゆるめる

笑顔が不自然になる理由は、顔の筋肉に力が入り過ぎているからです。

最初に、筋肉をゆるめることが大事です!笑顔を作る前に、マッサージするなど顔全体の筋肉の力を抜くことを、意識しましょう。

・前歯の後ろに舌の先をつける

前歯の後ろに舌の先っぽをつけると、自然な笑顔に近づけます。舌先に少し力を入れてみましょう。

2、カメラマン以外の第三者と会話してもらう

続いてよくありがちなのが、緊張してしまい、笑顔を忘れ、カメラを凝視してしまうことです。

カメラマンの後ろに人を立たせて、その人と撮影者に、会話をしてもらうことで、自然な笑顔が引き出せます。

さらに、カメラマンも撮影に集中できるので、素人の方でも、上手く笑顔の瞬間を撮れると思います。

3、カメラを意識していない一瞬を撮る

カメラを意識せずに、他のことに夢中にさせるというのは、笑顔になるための、良い方法です。

例えば、「あっち向いてホイ」をやってもらうなど。

採用全般でお困りのことがあれば、エヌリンクスにお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

スポンサーリンク
  • 0