DODAの特徴

DODA

「DODA」の特徴を紹介します。

掲載数が多い

DODAは掲載数が、とにかく多いです。

良く言えば、それだけ求職者から注目される媒体です。

悪く言えば、ライバル企業が多いので、

目立たなければ、埋もれてしまう可能性があります。

リクナビNEXT 約5,000件

マイナビ転職     約6,200件

DODA     約10,000件

 

◆掲載業種の分布

・技術系の業種が多く、掲載の約50%を占めています。

(ソフトウェア、ネットワーク、電気、電子、機械、建築、土木、メディカルなど)

・販売・サービス系の業種は、少なめです。

 

◆経験者をターゲットとしている

例えば、大阪府の掲載件数を調べると、(2013年9月28日現在)

  • リクナビNEXT     1,020件
  • マイナビ転職       1,183件
  • DODA               1,857件

となり、DODAが一番掲載数が多いですが、「未経験者歓迎」という絞込みをかけると、

  • リクナビNEXT     752件
  • マイナビ転職       800件
  • DODA               408件

となり、DODAが一番少なくなります。

これはDODAが、経験者募集の掲載が多いことを表しています。

 

◆求職者の層

DODA自体が、経験者の募集が多いこともあり、

手に職を持っている方や、過去の経歴を活かして働きたいという人が、

比較的多いです。

 

◆転職フェアが好調です

転職フェアとは、企業が出展するブースへ来場者が自由に訪問し、

人事担当者と直接話ができるイベントです。

1日ブースを出展すると、サイズにもよりますが、

平均40~50人の求職者と、直接お話しができます。

転職フェアについて詳しく

 

いかがでしたか?

媒体ごとに、強み、弱みがあります。

しっかり見極めながら、媒体選定しましょう。

 

採用全般でお困りのことがあれば、エヌリンクスにお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

スポンサーリンク
  • 0