インタビューを行う時の3つの流れ

インタビュー

インタビューは、未経験の方には、非常に難しいと思います。というのも、いざインタビューするとなった時に、何から始めて、どうゆう手順で行えばいいか、わからないものです。そこで今回は、インタビューを行う時の3つのコツをご紹介します。

(1)インタビューをする前に

インタビューする相手が決まり次第、前もって相手側の情報を、可能な限り調べます。内容は、個人メディア、SNSなどです。

すると、共通点の話題や、活動内容、今回の、行動の動機などが浮かんでくると思います。

質問内容の確認

次にやることが、今回の目的、流れ・構成、質問などを整理します。

インタビューで聞きたいことは、前もって、相手にも共有することがコツです。目的を確認しておくことで、相手側と、意思疎通できるようになるケースもあります。

なお、こちらの質問内容を、相手側に伝えておけば、相手側も、事前に回答内容を、前もって考えることができるので、良い話が、引き出せることにもつながります。

(2)インタビューをするにあたって

インタビューで、何より大切なことは、信頼関係の構築です。初めて会った人であれば、心を開いてもらえないものです。良い話を引き出したいのであれば、前もって、信頼関係を構築できれば良いですが、難しいケースもあります。

信頼関係を、構築するためには、レスポンスや連絡の際の姿勢が重要になります。

5W2Hを頭に入れて話をする

When(いつ)
Where(どこで)
Who(誰が)
What(何を)
Why(なぜ)
How(どのように)
How many(どれくらい)

「過去・現在・未来」の流れで話を進めると、わかりやすく、質問をしやすくなります。また、現在から質問することで、相手側も抵抗なく答えてくれます。

具体的に聞く

相手側の回答内容の中で、疑問に思うことをさらに深く聞いてみましょう。

変化を聞く

転職のきっかけなど、ライフスタイルが変わったタイミングなどに、目を向けて質問してみましょう。

比較して聞く

他の一般論を、小出しにして比較しながら質問してみましょう。

相づちをする

話を聞きながら、頷きましょう。話を聞いてくれてると、相手側に感じてもらえます。

共感する

相手側が、話を沢山してくれるように、共感を重ねましょう。

(3)インタビューが終わったら

感謝の気持ちをしっかり伝える

インタビューが、終わり次第すぐにお礼をしましょう。感謝の気持ちを伝え、今後もお付き合いしたいと思ってもらいましょう。

採用全般でお困りのことがあれば、エヌリンクスにお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

スポンサーリンク
  • 0