新卒採用をやめて中途採用に切り替えれば色々解決する

 

新卒採用

数年前までは「就職氷河期」と言われた就職戦線は大きく変化している。

景気が回復傾向になり、大手企業がぐんぐん採用者数の枠を増やし、
新卒への囲い込み投資を、グンとアップさせている。

このような状況下のなか、中小企業が新卒採用活動を行い続けるのは、
非常に難しいように思える。

新卒採用は企業の活性化において、非常に重要ではある。
しかしながら、ここ直近の新卒採用は、それに見合わないと思ってしまうくらい、
難易度が高い。

 

こういう時期は、おとなしく中途採用に切り替える事を勧めたい。

新卒採用は、お金と時間と人を、大量に大量に大量に注ぎ込む。
中途採用は、お金と数週間ほどの工程で活動を終えることが出来る。

2014年7月現在のような、人材不足の中では、
昨年の2/3しか説明会に来てもらえず、昨年の半分以上が内定辞退をだしてくるだろう。

そこに労力を集中し、得れるものが本当にあるのか疑問視だ。

 

新卒を採用するのは、概ね5つの理由があり、

  1. 人員構造を適正に保つ
  2. 人件費を低く抑えることができる
  3. 風土や文化の醸成
  4. 組織の活性化
  5. 採用活動を通した企業レベルの向上

しかしながら、この5つは、
必ずしも新卒採用でないと効果が期待できないものでもなければ、
日本独特の一括採用の波に乗る必要はなく、直接スカウトしにいけば、解決するだろう。

採用全般でお困りのことがあれば、エヌリンクスにお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

スポンサーリンク
  • 0