人材紹介や派遣会社との違い

求人広告、人材紹介、派遣会社それぞれメリット・デメリット

状況に合わせて上手に活用して下さい。

 

求人広告のメリット・デメリット

企業のPRにもなる。

○ 人材紹介よりは、比較的採用単価が安くなる。

○ 何人でも採用できるので、大量募集ではより効果を発揮。

× 採用できなくても掲載料がかかる

○× 広告料によって効果が変わる

 

総括 : 一般的な人材確保の手段。

何人の募集があるかわからない不確実性はあるものの、

しっかりとした求人ノウハウを駆使すれば、採用単価を下げられます。

 

紹介会社のメリット・デメリット

○ 成功報酬型なので、採用できなければコスト0。

○ 人材紹介会社のコンサルタントにお任せなので、手間がかからない。

○ ミスマッチが少なく、欲しい人材を紹介してもらえる。

× 単価が高い。

 

総括 : 管理職や専門性が高い技術者などをピンポイントに採用できる。

採用単価が高いため、大量募集には向かない。

 

派遣会社のメリット・デメリット

○ 忙しいときのみ、必要な人数だけ増員できる。

○ 通常固定費である人件費を、変動費にできる。

○ 社会保険関係や労務管理等も必要ない。

× 通常雇用するより、割高である。

× 自社の従業員でないため、会社に対する忠誠心が低くなりがち。

 

総括 : 忙しいときに、リスクも少なく手軽に人員を確保できるのが魅力的。

しかし、派遣が多すぎると、自社の従業員が育たなくなってしまう。

採用全般でお困りのことがあれば、エヌリンクスにお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

スポンサーリンク
  • 0