圧迫面接について

圧迫

今の時代は少なくなってきたのでは、ないのでしょうか?

 

「圧迫面接」

 

ご存知でしょうか?

人の本質を見極めるには、

時には必要な方法かもしれません。

ご紹介します。

 

圧迫面接とは?

面接の際、応募者に対して、

わざと意地悪な、もしくは威圧的な内容の質問や反論をし、

これに対する応答・対応を評価する面接のことをいう。

 

圧迫面接によるメリット・デメリット

メリット

その人の「本音」が見えてきます。

特に営業職など、仕事上、不特定多数の顧客や、

取引先に応対する必要のある業種において、

相手のクレーム、要望など。

的確に対処できるかどうかの、見極めが行えます。

 

デメリット

応募者側が委縮してしまい、

内定をもらっても、蹴ってしまう可能性があります。

相手が圧迫感に押しつぶされてしまい、

面接時に、何も言えなくなる可能性もあります。

 

まとめ

一長一短です。

通常通りに、面接を行っていても、

その応募者が、おべんちゃらを語っていて、

そこを見抜けなかったら、入社後に失敗になる可能性も。

 

ただ、圧迫面接をしかけることにより、

応募者の根性や、本質などが見えてくるので、

本当に優秀な人材の、確保ができるかもしれません。

 

ご注意事項

圧迫面接を、頻繁に行っていると、

噂になり、そもそもの応募自体も、

減少する可能性がありますので、ご注意を!!

あくまで、面接官の技量にもよりますので、ご参考までに。

 

 

採用全般でお困りのことがあれば、エヌリンクスにお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

スポンサーリンク
  • 0